遺産と遺跡の違いって何なの? - わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン

わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン > 遺産と遺跡の違いって何なの?

遺産と遺跡の違いって何なの?

image

・遺産という言葉の意味
遺産というのは、簡単に言えば財産や資産として残されているものも含めた、総合的な呼称となります。
つまり、遺産と言えば、相続に関わるお金に関することも意味していますし、その他にも世界遺産などの物に対しての意味もあるのです。
遺産に関しては色々なものがあるので、正直なところ「これ」という正解がないのが正直なところで、その意味も広義で使われることが多いです。
物によって色々な形を見せるし、お金によっても色々な形があるので、単に遺産と言っても内容によって大きく変わってくるというのが特徴となっています。
遺産と一言で言っても難しいので、その意味に関してはしっかり確認しておくと良いです。
なお、遺産に関しては財産や資産というよりも、誰かが所有していたものが遺されている状態のことを意味することもあります。
そのため、単に遺産とは言っても、所有者の有無によって呼称が変わることもあるのです。

・遺跡という言葉の意味
遺跡というのは、昔に作られた建物だったり、過去からずっと続く土地だったりします。
それらの呼称として遺跡という言葉が使われることが多いです。
この遺跡に関しては、実際には意味もそれぞれ違っていて、物に使われることが多いです。
遺産はお金などにも使える言葉ですが、遺跡は人と関係してきた文化などに使うこともあります。
それぞれ使い方は違ってくるので、そこは注意が必要となりますね。
遺跡の方が使えるシーンが限定的となっていて、遺跡という言葉が遺産という言葉に含まれていると考えるとわかりやすいかもしれません。
広義では遺産、狭義では遺跡として使い分けていくと、よりわかりやすいです。
この遺跡に関しては、例えばエジプトのピラミッドだったり、ペルーのマチュピチュだったり、人が生きていた可能性がある場所などに使われることもあります。

・言葉はニュアンスで意味も変わる
言葉に関してはニュアンスで意味も大きく違ってきます。
正直、似ている言葉も沢山ありますが、その言葉の意味はそれぞれ違ってくるかもしれません。
そこを理解することによって、言葉に対する理解も深まっていくのではないでしょうか。
一見すると似ている言葉でも、意味がまったく違ってくることもあります。
そういう点もしっかりと見極めていくことで、間違った言葉を使うこともありません。
まずは言葉の意味を知り、その上で使い分けていきましょう。