遺産分割協議 - わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン

遺産分割協議

遺産相続をスムーズに進めるうえでとても重要になるのが遺産分割協議で、ここがうまく進められるかどうかによって遺産相続がうまくいくか決まると言ってもいいでしょう。
まず遺産分割協議とはどんなことをするのかと言うと、簡単に言えば法定相続人になる人が集まって遺産をどのように分けるか協議することです。
つまり被相続人に配偶者と子供2人がいる場合は3人で協議することになりますし、遺言書にあらかじめ相続人が記載されている場合はそこに記載されている人たちで話し合います。

遺産分割協議をはじめるにあたって最初に行うのが遺言書の有無で、これがあるとそれに沿って進めればいいので比較的簡単に終わりますが、ない場合は法定相続人全員が納得できるまで協議します。
場合によっては調停になることもあり、こうなるとかなり大きな遺産トラブルになっていると言ってもいいかもしれません。

そしてある程度内容が合意に至ったら遺産分割協議書を作成しますが、できるだけ正確に誰がどの財産を引き継ぎのか記載していきます。
特に不動産に関しては不動産表示や住所など登記簿謄本でしっかり確認するのが望ましいでしょう。
また遺産分割協議書は法定相続人全員分が必要で、なおかつ全員の署名捺印がなければいけません。
財産の中には美術品のような価値が曖昧なものもあると思いますが、こういったものは協議の中で金銭に変えることもできますので、話し合って決めてください。
遺産分割協議書の作成が終わったら10カ月以内に相続税を申告し、遺産相続は完了となります。

ひとつ注意しなければならないのが遺産は必ずしもプラスのものだけではなく、マイナスのものもあるという点で、この場合相続放棄という選択肢も出てくるでしょう。
相続放棄は被相続人が亡くなった後3カ月以内にしなければなりませんので、この期限を過ぎてしまわないように気を付けてください。
また相続税の申告期限を過ぎると追加で支払わなければならないのでここも気を付けてください。