遺産相続の対象になる財産 - わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン

遺産相続の対象になる財産

家族が亡くなると残された財産を相続人で分け合うことになりますが、この遺産相続の対象になるのはどんなものなのでしょうか?
遺産とひと言で言ってもいろいろな種類があり、場合によっては遺産相続の対象にはならないものもありますので、そのあたりの知識をしっかり持っておかなければなりません。

まずはじめに遺産相続の対象になる財産としてよく知られているのが「プラスの財産」と呼ばれるもので、これは実に種類が豊富です。
代表的なもので言えば宅地・居宅・農地・店舗・貸地などの不動産、現金・預貯金・有価証券・小切手・株券・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権といった金融資産は一番最初にあがってくるでしょう。
これ以外にも車・家財・骨董品・宝石・貴金属などの動産にあたるものや、株式・ゴルフ会員権・著作権・特許権・商標権・意匠権なども対象になります。
ただしゴルフ会員権はその会員が亡くなった場合に資格を失うものもありますので、そのときには対象になりません。

そして注意してほしいのが遺産相続は必ずしもプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も対象になる点です。
マイナスの財産とは借入金・買掛金・手形債務・振出小切手や未払いのままになっている所得税、住民税、固定資産税、預かり敷金・保証金、未払費用・未払利息・未払の医療費などの債務といったものが該当します。
つまり負債になっているものは基本的にマイナスの財産としてカウントされますから、いくらプラスの財産があってもマイナスの財産のほうが多ければ遺産相続しても損をしてしまうのです。

逆に遺産相続の対象にならない財産はすでに受取人が決まっている生命保険金、または死亡退職金です。
ほかにも墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具や香典、弔慰金、葬儀費用、遺族年金なども遺産相続の対象にはなりませんので、これらは遺産相続を放棄したとしても問題ありません。
遺産相続の対象になるものとそうでないものを正しく把握して手続きを進めてください。