財産の調査 - わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン

財産の調査

遺産相続をする際には2つの調査を行ったうえで手続きをしなければなりません。
ひとつは被相続人にあたる人の戸籍調査、もうひとつは財産調査です。

まず戸籍調査は誰が遺産相続の対象になるのか明確にしなければなりませんし、遺産協議書はすべての相続人分がなければ無効になってしまいますので曖昧なままではいけません。
ただ戸籍調査はよほど複雑な家庭でない限りそれほど難しいことではなく、一般的に戸籍を調べればすぐに分かるでしょう。

しかし財産の調査は少し時間がかかる場合が多く、これは遺産相続の対象となる財産の種類が豊富であることが関係しています。
たとえば家や農地、店舗といった不動産に該当するものもあれば現金・預貯金・有価証券・小切手・株券・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権のような金融系の財産もそうですし、自動車や骨とう品、金なども遺産相続の対象財産となります。
またやっかいなのがいわゆるマイナスの財産と呼ばれるもので、これは生前抱えていた借金や未払い金ほぼすべてが対象になります。
もし残されていたプラスの財産よりもマイナスの財産が多ければ相続放棄という選択肢も考えられるので、財産調査はできるだけ早いほうがいいでしょう。

それでは財産調査はどうやってやればいいかと言うと、素人だけでやるのではなく専門家に任せるのが一番適切です。
特に財産が多く残っている可能性がある場合、どこにどんな財産が隠されているかわかりませんからすべて明らかにできないケースがあります。
万が一相続税の申告期限を過ぎたあとでそれが明らかになってしまうとペナルティを課せられる可能性が極めて高く、最悪の場合大きな負債を抱える結果になりかねません。
そのようなことのないように司法書士をはじめとした遺産相続の専門家に相談してしっかりとした財産調査をすることをおすすめします。
相談だけなら無料でできますので、いくつかの事務所に問い合わせをしてもっとも良いところに依頼しましょう。