遺産相続のトラブル - わかってるようでわかってない 遺産相続のキホン

遺産相続のトラブル

遺産相続と言えばトラブルが起こりやすいイメージがありますが、実はきちんと知識を持っているだけでほとんどが防げるものだと言われています。
そこでここでは遺産相続時によくあるトラブル、そしてその予防策をお伝えしていきますので将来被相続人になる可能性がある方も法定相続人になる可能性がある方も参考にしてください。

まずはじめに「一人が財産を独り占め、あるいは多く貰おうとしているケース」ですが、遺産相続は基本的に法律で決められている優先順位に沿って進められていくのでそれを無視して誰かが独り占めすることはできません。
もっとも優先順位が高いのは配偶者で、配偶者は最低でも2分の1は必ず相続できると決められていますし、その次は子供で2分の1、次に親・祖父母が3分の1、最後に兄弟で4分の1となっています。
したがって被相続人の子供であれば長男でも三男でも同じだけの相続権しかありませんから、たとえば自分は長男だから多く相続するべきといった主張は無効になります。

次に「生命保険があった場合のトラブル」ですが、こちらもよくあることで誰がその保険金を受け取るかで揉めることがあります。
生命保険の死亡金はかなり高額になりますし、相続税の対象になりませんので受取人になれば大きなプラスになります。
それだけにトラブルにもなりやすいのですが、これはあらかじめ受取人を指定しているはずなのでそれをチェックすればすべて解決します。
またあらかじめ相続人になる人たちを集めてその旨を伝えておけばトラブルになることもありません。

さらに相続人の対象になる人が未成年の場合、相続させるかどうかも問題になることがありますが、これは法定代理人いわゆる保護者の判断によるところが大きいので対象者と法定代理人を交えて話し合うべきです。

このように遺産相続のトラブルはいくつかあげられますが、ほかにもまだまだいろいろなケースが考えられるので、遺産相続について自分でも調べてみましょう。